先進医療の目的と制度を利用した治療

最近よく耳にする医療用語として先進医療があります。
文字どおりに解釈すれば、最先端の医療となります。
医療技術が進歩することにより、様々な医療技術が提供され、医療水準が上昇しています。
先進医療は、高度な医療技術を用いた治療として厚生労働省が定める医療を指します。
先進医療には、高度の技術を用いた外科療法や放射線療法、移植療法や再生療法などがあります。
また、抗がん薬などを使った薬物療法、免疫療法なども該当します。
また、治療に限定されず、検査や診断、治療法を判断する評価においても先進医療となっているものもあります。
技術料が健康保険の適用外となりますので、技術料が全額自己負担となり、高額になります。
確定申告により医療費の控除を受けることができますので、領収書を保管しておくことが重要です。
また、医療保険などにおいても先進医療についての特約をつけた商品も出ています。
先進医療を受ける機会はよほどのことがない限りありませんが、何かの際にはこの制度の利用も視野に入れて検討することも可能です。

Copyright(c) 医療 All Rights Reserved.