がん治療開始までの準備と心得を知っておこう

がんと診断されても、すぐに入院してすぐに手術と言うことはほぼありません。
ほとんどの場合、治療が始まるまでに何度が病院に通い、必要な検査を受けることになります。
この期間は、普段通りに過ごして構いません。
しかし、体調管理はしっかり行うことが鉄則です。
風邪などをひかないようにしましょう。
規則正しい生活を基本とすることです。
また、外科的手術を受けることが決まっている場合は、体力を維持するために運動しておくのがベストです。
とくに、下肢の筋力をつけておきましょう。
とは言え、ハードな筋肉トレーニングはがん患者にはNGになります。
散歩などでも十分下肢を鍛えることはできます。
また、虫歯や歯周病などがあると、感染症などの合併症のリスクが高まるので注意しましょう。
本格的ながん治療が始まるまでに、口腔内の病気は治しておくことです。
このように、がん治療開始までの準備や心得は色々あります。
理解して守ることが大切です。

Copyright(c) 医療 All Rights Reserved.